BLOG

レッスンを受けて来ました🎹

3月20日に予定している『二人のコンサート』で

私が演奏する『注文の多い料理店』の作曲家、

ピアニスト白石准さんのレッスンを受講してきました。

私の二人の子どもが小学生になり、やっと落ち着いてピアノが弾けるようになったころ

樂の前身である『紅茶サロンANDANTE』で開催されたコンサートで

白石さんの衝撃の演奏を聴き、レッスンをお願いしたのがはじまりなので

もう、20年近くのお付き合いになるようで、今びっくりしてます。笑

お互い若かった。笑

話せば長ーい歴史があるのですが、それはとりあえず置いておいて

今日のところはレッスンの話です。

場所は八王子。それも龍谷寺というお寺に併設されている小さなホール。

今思えばなんの縁だったんだろう・・・

まあそれも置いておいて。笑

現在のお住まいが茅ヶ崎なので

白石さんのレッスンはどこも遠いのです。長旅は慣れたもんです。

今読んでいる本が佳境に差し掛かっていて、

緊張するはずのレッスンのことも忘れて1時間半の電車はあっという間でした。笑

さて、本題。

2時間のレッスンもあっという間でした!

20年近く習っているのにまだまだ甘いな~と反省ばかりですが

それでも「イイ線言ってるよ」と言っていただけたのでほっとしています。

なにしろ白石さんの作品なので、見落としがあってはいけない!と

猛練習していきましたが、それでも落としてました。

テヌートの意味、スタカートの指示、コンマ、

音楽劇のような作品なので、私は弾き語りです。

ピアノとのバランス、セリフ的な言い回し。

弾くことと歌うことの身体的な制限が非常に難しい!

わかってましたけど。覚悟はしてましたけど!

歌はずっと習ってはいたものの、ピアノに比べれば修行が足りないので

そこをあと2か月間、毎日の練習で補わないといけないなと思いました。

ピアノそのものに関しては、まあまあといったところでしょうか。

出だしのフレーズが作品の命だと思うので最初の2音には神経を使いました。

そこを褒めていただけたので本当に良かった。

なぜ、王道のクラシック曲ではなく、白石さんの曲を選んだか。

もちろんそれは、先ほど言った出だしの2音から始まるオープニングの曲が

とても好きですし、この曲をみんなに聴いてもらいたい!というのは当然なのですが、

せっかくサロンを経営しているのですから

やりたいことをやってしまおう!それもさっさと!笑

そして自分が楽しんでできることをやろう!

これに尽きます!

おかげさまで周りに恵まれ、大好きな人がたくさんいます。

そして才能豊かな方も大勢!

私のやりたいことに乗ってくれる人もたくさん!

「来年はサロンを辞めちゃうかもよ」と

毎年言っていますが、それも本当にそうなるかもしれないのです。

世の中何が起きるかわからないじゃないですか!

だから、今できることを精一杯やりたいと思います。

で、結局、

私はピアノが弾きたいんだな~と実感しています。

それも白石さんに教わったことを音として伝えられたら嬉しい!

そうか、白石さんに会えたことが人生を変えてるかもな~。

すごい人なのかも?

いや、まさに凄いピアニストなんですけど。笑

3月20日、残席4名様となってます。

お考えの方はお早目にお問合せくださいませ♪

ご連絡お待ちしております(‘◇’)ゞ

テーマ:樂ブログ